AIスクリーニング

  • サイト名AIスクリーニング
    サイトURL http://ai-screening.net/
    運営会社名合同会社ロイヤルトラスト
    所在地東京都千代田区神田佐久間町3-38 第5東ビル5階
    運営責任者代表取締役 上田 健一
    MAILinfo@ai-screening.net
    電話番号03-6384-4246
    閲覧/クチコミ345人が閲覧/4件のクチコミ

AIスクリーニング 独自レビュー

投資はじめ
AIスクリーニングっていう株ツールが一部の口コミサイトで話題になっているようなのですが、先輩なにかご存じですか?

検証さつき
株のスクリーニングツールよね。私もテスト版の時に、投資仲間から良い株ツールがあると聞いてはいたんだけど、最近になってネットでも評判を集めているみたいね。
投資はじめ
僕も気になってはいるんですが、スクリーニングツールと聞くと、さまざまな条件を絞り込まないと使えない印象があって……、
検証さつき
そうね、はじめ君が難しいと感じるもの無理はないわ。自分で条件を選んで絞り込むには、株式投資の知識や指標を知る必要があるものね。
投資はじめ
そうなんです。だから、僕みたいな株にあまり詳しくない人に使いこなせるのか不安で……。
検証さつき
そうよね、ちょっと不安になるわよね。でも、あなたみたいな悩みを抱えてる投資家さんにこそ、このAIスクリーニングは役立つツールかもしれないわ。
投資はじめ
え、そうなんですか?
検証さつき
AIスクリーニングは、日本国内市場にある3705社の全銘柄データからAIが独自に「注目すべき銘柄を選んでくれる」ツールで、ユーザーはボタンを押すだけなんですって。

投資はじめ
PERやPOE、その他にもさまざまな条件がありますが……それを自分で選ばなくて良いってことですか?
検証さつき
そうなのよ。過去現在の株式市場のデータからAIが自動で銘柄を選んでくれるから、株のツールを使ったことがない人でも簡単に使いこなすことができるそうなの。
投資はじめ
東証一部の1日の情報だけでも途方もない量があるのに、過去のすべての全銘柄のデータを把握しているのはすごいですね。

検証さつき
把握しているだけじゃなく、 AIスクリーニングはこれから注目すべき銘柄を抽出してくれるそうだから、そこも見逃せないポイントよね。
投資はじめ
最近だと新型コロナウイルスの影響で、相場も気持ちも冷え込んでますから、AIが適切な銘柄を自動で選んでくれるのは便利ですね。
検証さつき
そうなのよ。今みたいな不安定な相場だからこそ、感情論を抜きにしたAIが一石を投じてくれると思うとちょっとワクワクしてこない?
投資はじめ
僕はAIにあまり馴染みがないので、その感覚は少し解りかねます……。
検証さつき
あら、そうなの?じゃあAIが今の株式市場でどれだけ重要視されているのか、さっそく公式サイトを調査していきましょうか。



■目次

  1. AIスクリーニングの実力は?他のツールとどう違うの?
  2. AIスクリーニングのメリットとデメリットは?
  3. AIスクリーニングのようなAIが優秀な理由は?
  4. AIスクリーニングのまとめ

 

AIスクリーニングの実力は?他のツールとどう違うの?

検証さつき
ではさっそく、AIスクリーニングの公式サイトに掲載されているTypeAのバックテストから実力を見ていきましょうか。

投資はじめ
どの銘柄も、上昇率がすごいですね。
検証さつき
あくまでバックテストの結果ではあるけど、掲載されている銘柄の7~8割が大幅な上昇を見せているわ。
投資はじめ
ですが、どうしてAIスクリーニングが、ここまで上昇する銘柄が見つけられるんでしょうか?
検証さつき
抽出条件などは、ノウハウ流出防止のために開示していないそうなのよ。
投資はじめ
そうなんですね……うーん、ちょっと残念です。
検証さつき
ここからはあくまで私の推測だけど、AIスクリーニングのテスト結果からは、ファンダメンタルズ要素を見抜いているように感じるのよね。
投資はじめ
え、どういうことですか?
検証さつき
1月4日に抽出された銘柄を見る限り、 AIスクリーニングは企業の潜在的な成長力を見極めているんじゃないかと思うのよね。
投資はじめ
うーん……具体的にはどのようなことが挙げられますか?
検証さつき
例えば東証一部のアイル(3854)だと、去年3月・6月の大引け後の決算で大幅な増収・上方修正を発表するなど好業績だったことが判っているわ。

検証さつき
それに、6月には東証2部から東証1部に上場、8月には2013年以来の約5年8か月ぶりとなる高値圏に浮上したのよ。

検証さつき
その後も順調に業績を伸ばしていったアイルは、12月の大引け後の決算で大幅な上方修正を発表し、買い注文が殺到していたそうなの。

検証さつき
つまり、AIスクリーニングは、決算などの数字だけでは見えない、上場株3700以上の企業データからアイルのような潜在的な成長性を秘めた有望株を見極めているんじゃないかしら。
投資はじめ
なるほど。ファンダメンタルズ要素を見抜いているって、こういうことだったんですね。
検証さつき
バックテスト時の結果とはいえ、AIスクリーニングが抽出した日から12月20日までで約330%上昇していることも鑑みると、あり得ない話じゃないと思うのよね。

投資はじめ
1年前から3倍になる株を抽出できるなんて、AIスクリーニングってすごいんですね。
検証さつき
そうなのよ。AI搭載のスクリーニングに特化したツールだからこその強みかもしれないわね。


AIスクリーニング公式サイトはこちら 

 

AIスクリーニングのメリットとデメリットは?

投資はじめ
AIスクリーニングのテスト結果から優秀なことは理解できたんですが、メリットとデメリットを解りやすく知りたいです。
検証さつき
そうしたらまずはメリットから調べていこうかしら。まず一つ目は先ほども紹介したように、 AIが自動で将来有望な銘柄を選んでくれることよね。
投資はじめ
AIスクリーニングに掲載されているテスト結果だと、半年から1年以内で大幅な上昇を見せている銘柄が多かったですからね。
検証さつき
人間の感情や思惑に左右されずに、ファンダメンタルズ要素を汲み取れるのは、AIスクリーニング独自の強みと言えるわね。
投資はじめ
最近だと新型コロナウイルスなどの影響で日経平均株価も大きく下落していますから、そんな中で人間の感情論抜きにした銘柄選びができるのも強みかもしれません。

検証さつき
では次に、銘柄を抽出する時、ユーザーはボタンを押すだけでOK ってところよね。
投資はじめ
従来の株ツールですと、自分の目的や予算に合った銘柄を絞り込むのにさまざまな条件を把握しなければならない印象だったんで、とても楽ですよね。
検証さつき
そうなの。それに楽なだけじゃなくて、3700以上ある上場株式の過去現在のデータを参照して、その時々の相場に合った銘柄を選んでくれるのもポイントよね。
投資はじめ
簡易スクリーニングツールでも条件をいろいろ設定しなければならないので、AIスクリーニングでは株式投資に詳しくない僕でも良い銘柄が簡単に選べるのは有難いですね。
検証さつき
あとは、1週間無料お試し体験ができるのも、今ならではのメリットじゃないかしら。
投資はじめ
登録後は会員専用ページで1週間、無料版が閲覧できますから、AIスクリーニングが自分にの投資スタイルに合うか合わないか検討できるのは嬉しいですね。
検証さつき
あと、私個人の意見だけど、登録がとても簡単だったわね。
投資はじめ
そうですね。メールアドレスを入力し、無料お試し体験を申し込むボタンを押して、名前や電話番号などの簡単な項目を入力するだけで、お試し体験できるのは嬉しいですね。
検証さつき
それに、入力項目の「利用方法の説明を希望する」にチェックを入れておけば、電話で丁寧にAIスクリーニングの使い方を教えてくれるそうよ。
投資はじめ
メールなどの文面だけだと解らないことや、不安なことや疑問点など、質問があれば電話で手軽にすぐ聞けるのは親切ですよね。
検証さつき
AIスクリーニングの営業担当部がしっかりしているからこそできるサポート体制ってことよね。
投資はじめ
そうですね。万全のサポート体制もAIスクリーニングならではのメリットの一つですね。
検証さつき
あとは……これは人によって違うかもしれないけど、私個人としては投資助言じゃないから売買判断のタイミングを自分で選べるところも好きね。
投資はじめ
スクリーニングに特化したツールですからね。ですが、僕のような投資経験の浅い人には、自己責任の範囲が広がるので、ちょっと不安になります。
検証さつき
だけど、バックテストの結果からも判る通り、AIスクリーニングで抽出されたほとんどの銘柄が半年から1年以内に大幅な上昇を見せているじゃない?
投資はじめ
そうですね。でも……、
検証さつき
つまり、デイトレのようにチャートに張り付いて、的確な売買タイミングを見計らわなくても、待っていればちゃんと上がるってことだと思うのよね。
投資はじめ
なるほど。確かに「待ってれば大丈夫」と思えるのは、他のどの投資情報サイトや株ツールにもない安心感がありますね。
検証さつき
そうなの。それに、損切のタイミングも選べるから「保有指示に従ったら、下がり続けて取り返しのつかないことに……」なんてことも起こらないわ。
投資はじめ
確かにそうですね。自分で判断する範囲は広がりますが、自分の予算や気持ちを加味した、納得のいく投資判断ができるってことですね。
検証さつき
その通りよ。でも逆に言うと、デイトレ向きではないとも言えるわね。
投資はじめ
そうですね。従来の株ツールと違って、将来有望な銘柄を抽出してくれるわけですから、サラリーマンの方や忙しい人には有難いですね。
検証さつき
AIスクリーニングでは企業の潜在的な成長力を見極めているけど、現状では「1時間で!1日で!利益を出したい!」というトレードには向かないかもしれないわね。
投資はじめ
そう考えると、デイトレよりも中期~長期投資向きのスクリーニングツールだと言えるかもしれませんが……場合によっては1週間後に上がる可能性も全然ありますけどね。
検証さつき
まぁでも、昨今におけるAIの進化って目覚ましいものがあるから、AIスクリーニングがデイトレに特化した製品を販売する可能性もゼロではないわよね。
投資はじめ
AIの進化……うーん、いまいちピンと来ないです。
検証さつき
例えば、さっき紹介したアイル(3854)もAIを使ったソフト開発や、ブロックチェーン分野に強みのある企業で、最近だとキャッシュレス分野にも積極的に参加している企業なのよ。

投資はじめ
へぇ、そうだったんですね。確かに、最近では電子マネーでの支払いに対応するお店が格段に増えましたし、使う機会も多くなりましたよね。
検証さつき
でしょ?身近に起こっている急速な時代変化の背景には、AIに特化した企業たちの活躍と、AIの進化が大きく関わっているということよ。
投資はじめ
なるほど。となれば、AIスクリーニングがデイトレに対応する日も、そう遠くはなさそうですね。


AIスクリーニング公式サイトはこちら 

 

AIスクリーニングのようなAIが優秀な理由は?

投資はじめ
AIスクリーニングが優秀なのはここまでで理解できたのですが……、
検証さつき
あら、どうしたの?
投資はじめ
AIってヘッジファンドや機関投資家が使っているスゴイものというイメージが強くて、僕たちにも手が届くものなのでしょうか?
検証さつき
確かに、AIを使った資産運用で、1兆円以上の資産を得たと言われている、ルネッサンス・テクノロジーズの数学者ジェームズ・シモンズ氏や、

検証さつき
音声アシスタントのSiriの基盤に携わったコンピューター科学者、ババク・ホジャット氏が完全AIオンリーのヘッジファンドを設立した話とか、有名よね。

投資はじめ
うーん、Siriくらいだったら僕でも馴染みがありますが……やっぱり、いまいちピンと来ないんですよね。
検証さつき
最近テレビでもCMが始まったけど、個人投資家に向けたAIによる資産運用やアドバイスサービスが日本の証券会社でも導入されているわよ。

投資はじめ
ウェルスナビは聞いたことありますけど、やっぱり近寄りがたいというか……映画の見過ぎと言われればそれまでなんですが、AIって漠然と怖いイメージがありませんか?
検証さつき
確かに、海外のシンギュラリティ映画には怖いものが多いからね。でもあれって汎用型AI(AGI)のことを題材にしているものがほとんどなのよ。
投資はじめ
シンギュラリティに汎用型AI……ちょっと耳慣れない言葉ですね。何ですかそれ?
検証さつき
シンギュラリティは、AIが発達して、人間の知性を超えることで人間の生活に大きな変化が起こる概念を指す言葉よ。技術的得意点とも呼ばれるわ。

検証さつき
で、AIって今のところ2種類に分類されていて、一つのことに特化したAIを「特化型AI」、人間と同様の感性・思考回路を持つAIを「汎用型AI」と呼んでいるの。
投資はじめ
へぇ、AIって種類があったんですね。
検証さつき
でも、映画に出てくるような汎用型AIってまだまだ完成していなくて、世で言われているAIのほとんどが特化型AIにあたるのよ。
投資はじめ
え、そうだったんですか?僕はてっきり、AIって人間の感性に近づいてきていて、いつか人知を超えてしまうのかと思っていました。
検証さつき
それは完全に映画の見過ぎね(苦笑)。でもAIって端的に言うと、人間より高い情報処理能力を応用して、さまざまな分野に特化させた便利な機械のことだと思うのよね。
投資はじめ
なるほど……AIって漠然としたイメージしかなくて、刷り込みや、その語感やだけで不安視していたかもしれません。
検証さつき
それに、AIは株式市場における有力なテーマ株とも密接なかかわりを持っているのよ。
投資はじめ
え、そうなんですか?
検証さつき
AI関連銘柄はもちろんだけど、例えば自動運転技術やドローン、フィンテックやバイオ創薬といった今注目されているテーマを、技術面で支えていると言っても過言ではないわ。
投資はじめ
確かに先ほどのアイル(3854)も、AIを使ったソフト開発や、ブロックチェーン分野に強みのある企業でしたもんね。
検証さつき
ちなみに、もっと身近なものだとスマホの顔認証や、音声アシスタントのSiriなどが特化型AIにあたるわよ。
投資はじめ
え、そうだったんですか?僕の携帯も顔認証なので……AIってもう僕たちの日常に、普通にあるものなんですね。
検証さつき
そういうこと。どう?AIをちょっと身近に感じたでしょ?
投資はじめ
そうですね。さっきより全然、身近に感じました。自分たちが普段何気なく使っているものにもAIって浸透しているんですね。
検証さつき
そうなの。いち早く取り入れていたのがヘッジファンドなどの大企業というだけで、もう既に個人投資家たちでも導入できるほど、AIは身近な存在になっているということよね。


AIスクリーニング公式サイトはこちら 

 

AIスクリーニングのまとめ

検証さつき
日本国内市場にある3705社、過去現在の全銘柄データからAIが自動で銘柄を選んでくれるから画期的よね。
投資はじめ
ですね。AIスクリーニングはボタンを押すだけなので、株のツールを使ったことがない人でも簡単に使いこなすことができるのは有難いです。
検証さつき
決算などの数字だけでは見えない、潜在的な成長性を秘めた有望株を見極めてくれるのも、従来の株ツールにはない魅力よね。
投資はじめ
アイルのような企業のほかにも、公式サイトにはさまざまなテスト結果が掲載されていますが、そのどれもが大幅な上昇を見せていますからね。
検証さつき
もちろん、投資助言ではないから売買判断における自己責任の範囲は広がるけど、私個人としては他人に変な指示されるよりよっぽどいいと思うのよね。
投資はじめ
自分の予算や気持ちを大事にしたトレードができますし、それに有望株ってことはそのうち上がると思える安心感があるのも良いですよね。
検証さつき
そうなのよ。今はデイトレ向きではないかもしれないけど、そのうち短期トレードにも特化したAIスクリーニングが出てもおかしくないのもワクワクできるわよね。
投資はじめ
ですね。人間にはできない感情の完全排他ができるからこそ、AIが適切な投資判断がしてくれる=利益が出ると気づいた人たちは、いち早く取り入れていたのも納得です。
検証さつき
そうなのよ。ちなみに1兆円以上の資産を築いたルネッサンス・テクノロジーズも、AIが数学モデルを使った取引に特化していて、経済に詳しい人を雇っているわけじゃないそうよ。
投資はじめ
え、そうなんですか?ではもう既に、人間の経済知識よりAIの方が儲かるって証明されているんですね。
検証さつき
その通りよ。今の時代、経済に詳しいから儲かるのではなく、市場ロジックを把握したものが利益が得るということね。


AIスクリーニング公式サイトはこちら 

AIスクリーニング 注目銘柄

まだ実績がありません。

AIスクリーニング 詳細情報

サイト名AIスクリーニング
サイトURL http://ai-screening.net/
運営会社名合同会社ロイヤルトラスト
所在地東京都千代田区神田佐久間町3-38 第5東ビル5階
運営責任者代表取締役 上田 健一
MAILinfo@ai-screening.net
電話番号03-6384-4246
閲覧/クチコミ345View/4件のクチコミ

AIスクリーニング 口コミレビュー

  1. 真鍋 より:

    株式投資に感情はいらないって、まさにその通り。
    今の状況下、個人投資家は絶対に塩漬けにするだけ。
    AIはそのような相場も的確に見抜いて投資すべき銘柄を見抜いてくれる。
    AIの質によっては使い物にならない物もあるがAIスクリーニングの品質は今の所良好。
    改良が加えられることにより今後更に性能は向上していくようだし、株式投資で勝ちたいなら持っておいて損は無い。

  2. 匿名 より:

    タイプAを利用しています。50万円という料金には最初抵抗がありましたが、1週間で元取れてあとはプラスをどれだけ増やせるかというところまで来たので一切不満はありません。効率的に騰がる銘柄だけに投資したいなら使って損は無いと思います。

  3. 利用者A より:

    製品版はタイプAを用いて投資しています。抽出される銘柄は大きく上がる物はまだ見受けられないものの大きく下がる物はなく、自分のチョイスの腕もあるのかも知れませんが今の所含み益がでています。使う価値は十分ありですよ。

  4. 匿名 より:

    一昨日AIスクリーニングの存在を知って色々調べているところです。一先ず無料版に登録して様子見をしてるところなんですが無料版でも良い銘柄が抽出されているところを見ると、製品版は更に抽出の精度が上がるんだろうなーとぼんやり考えています。まだこちらでは情報が少ないのですが、最初はタイプCからでも問題なさそうでしょうか?教えていただけると嬉しいです。

AIスクリーニングへ口コミレビューを書き込む

コメントを残す

よく見られている投資系サイト

トップへ